長財布に関する情報が満載!

長財布を活用する / ヘッダー

財布を毎日手入れしてみよう

財布は出かける際には必ず持ち歩く重要なアイテムではあるのですが、改めて手入れをする機会はあまりないのではないでしょうか。しばらく使っていると、不要なカードやレシートなども多く入っていたりすることがあります。人目に付くものでもあるので、あまり見苦しい形にはしたくないものですが、手垢などがついてしまうこともあります。そういった状況になる前に、こまめに手をかけていくことできれいな状態を長く保つことができるので、期間を決めるなどしてお手入れをしてみましょう。まずは中身をきちんと出して、必要なものだけ中に戻しましょう。不要なものはその都度捨てるようにするだけで、財布がスッキリします。中身を出したついでに汚れの目立つところは拭いていくとよいです。水にぬらして硬く絞った布などで拭くと、頑固な汚れでも落ちやすくなります。このようにしっかり手入れをしていくことで財布も長持ちし、金銭管理もしやすくなるので金運アップにもつながっていくことでしょう。

種類によって違う財布の手入れ方法

財布はほとんどの人が持っていますが、手入れをしていないという方は多いです。布やビニールの財布は水洗いをすれば汚れが落ちますが、皮の財布はそういうわけにはいきません。もちろん水洗いをしては、革が傷んでしまいます。もし汚れが付いてしまった場合は、皮革用のクリーナーを用意し、それを使い汚れを落としましょう。また、用意していない場合は柔らかめの布を濡らし、しっかりと絞り水気を取ってから汚れを拭きましょう。濡れた部分をそのままにしてしまうとシミになってしまうので、直射日光に当たらない場所にしばらく置いておき乾かしましょう。また、革用のクリームを馴染ませることにより色ツヤが出るのでおすすめです。誤って水の中に落としてしまった場合は、タオルでゴシゴシこすったりせずに中に新聞紙を詰めて型崩れをしないようにし、陰干しをしておきましょう。手入れをすることを面倒に感じる方はいますが手入れをすることにより長持ちさせることができます。

Valuable information




Last update:2020/3/18

トップへ