長財布に関する情報が満載!

長財布を活用する / ヘッダー

本革の財布ならではの楽しみ方があります

ナイロンや合皮、キャンバスなど、財布の素材は色々ありますが、それらの素材を押さえて特に人気が高いのが本革素材ではないでしょうか。本革にはその他の素材には無い魅力があるのですが、まず非常に丈夫で長持ちさせる事ができます。上質な革素材の場合、お手入れをせずとも数年間は余裕で持たせる事ができますし、きちんとメンテナンスを行えば10年以上も持たせる事も可能です。それゆえコストパフォーマンスも優れていますし、一つの物を長く大切に扱っていきたい方に最適と言えます。長く利用する事でオリジナルの表情が出てくるのも魅力と言えます。革素材というのは使えば使うほど風合いが変化していくのが特徴ですが、風合いの出方は使う人によって違っています。つまり同じ財布でも人によってまるで違った色合いに変化しますので、自身だけのオリジナルの風合いを楽しむ事が可能です。さらには使い続ける事によってしっとりとした革に変化しますので、感触の良い手触りも楽しめるようになります。

本革の財布は使って育てる

人によって財布選びには、外せないポイントというものがあるでしょう。金運が上がるように黄色を選ぶとか、長財布を選ぶといった具合です。素材にもそれぞれのこだわりがあるでしょうが、本革は使い込むほどに手に馴染み、布のようにただ汚れるのではなく、革が柔らかくなって独特の風合いを醸し出すため、多くの人に愛用されています。革であれば、カバンの中に入れているにせよ、ポケットに入れているにせよ、他のものと擦れても大丈夫です。むしろそのような刺激によって、少しずつ本革の持つ脂分が表面に現れ出るため、適度なつやを生み出します。ただし水には弱いので、濡れた場合にはなるべく早くふき取るようにしなければなりません。また仮に長年使っていて、革の表面が割れてきてしまったような場合にも、実は革靴用の靴墨を薄く取って柔らかい布で拭き伸ばすと、革が柔らかくなり、つやも増します。本革は使い方次第で充分長持ちしますので、持ち主が大事に「育てる」製品なのです。

Favorite


ECサイト構築



最終更新日:2020/2/27

トップへ